【経理業務の効率をアップ】入金消し込み作業はソフトを利用しよう

女性

節税のメリットがある

連結納税制度は、多くの企業で活用されています。専門的なコンサルティングサービスなどもあるということから利用することで大きなメリットがあります。知識が無くても制度をスムーズに利用することが出来るため、利用する価値はとても高い仕組みとなっています。

詳しく見る

オフィス

便利な機能の導入費は

入金消し込み処理は事業を回していく上でミスが許されない重要な業務です。これを自動化する入金消し込みシステムは銀行との契約は1口座1満点程度、会計システム側の初期設定費用はシステムベンダーによります。相見積もりが取れない世界ですが、銀行、ベンダーによってそれほど費用に違いは出ません。

詳しく見る

会議

様々な納税方法

現在では多くの企業が連結納税のシステムを利用しています。この連結納税は連結グループを一つの単位として所得金額と欠損金額を計算し、まとめて納税するシステムです。このシステムは現在、電力会社や保険会社なども適用しています。

詳しく見る

PC

ルールは明確にする

入金消し込みのシステム刷新のポイントとして、ルールを明確にしておくべきです。担当者ごとの判断ではなく、ルールに沿って消し込みを行う必要があります。また、システムが未対応と言うことを営業にも知らせ、イレギュラーが発生しないよう理解を求めることも大切です。

詳しく見る

男女

システムを理解する

連結納税サービスは、多くの人に支持されています。こうしたサービスを利用することで効率的に連結納税を済ませていくことが出来ます。利用価値が高い仕組みをきちんと理解するということが求められていきます。きちんと納税をするなら、機能性が高い仕組みはとても重要です。

詳しく見る

仕組みを理解する

男女

入金処理は手間がかかる

BtoBにせよBtoCにせよ取引の数が多くなってくると、入金処理も非常に大変な問題になります。たとえば、ある企業への入金日は毎月25日なのに対して、他の企業は毎月20日というように、取引量が多くなってくると、入金日が企業によって異なるというケースも増えてきます。それを事務員が1つ1つ処理していくとなると、ミスが起こったり手違いが起こる可能性が出てきます。入金消し込みを正しく理解すればこうした問題も解決することができます。顧客が注文完了すれば売上に計上されますが、入金が行われていないときは、これは売掛金として処理されます。そうして、入金が完了したときに売掛金のデータを消します。これを記入金消し込みといいます。 入金消し込みをもう少し具体的に説明すると、まずある企業が価格1000万円の商品を注文すると、販売した企業は売掛金1000万円となります。購入した企業は売上1000万円です。購入企業が後日入金すると販売企業サイドは売掛金が消し込まれて0円になり、預金は1000万円になります。このように、注文をしたときに生まれた売掛金を入金時に消し込むのが入金消し込みといわれているものです。この入金消し込みをするときによく用いられるのが銀行振込決済サービスです。これは注文単位で入金管理できますし、定期的に自動で入金確認もしてくれますので、多くの企業が利用しています。とてもメリットが多いので、おすすめです。

Copyright© 2017 【経理業務の効率をアップ】入金消し込み作業はソフトを利用しよう All Rights Reserved.